リー・ハウスstudio -屋久島地杉-入荷!

屋久島-温帯に位置する島で、かつ2000m近い山々があるため空にダムがあると言われるほど1 年中雨が降る特殊環境。花崗岩が隆起してできた地質。その昔は豊臣秀吉が京都方広寺の大仏殿建立にも使用したといわれる良材の産地。更には、木の屋根である平木を年貢として納めていた歴史。そこに共通するのは「高い油分」「独自の含有成分バランス」に起因する「高い耐久性」「高い耐候性」「強度」
リー・ハウスstudioでは玄関ポーチにデッキ材として屋久島地杉、厚さ35ミリをはります。
ウッドデッキなどの提案素材として検討しております。完成したら見に来てください。(^▽^)/

※ 屋久杉 と 屋久島地杉 屋久島スギ原始林は1924年に天然記念物、1954年には特別天然記念物に指定されました。この中で1000年以上のものを「屋久杉」、1000年以下のものを「小杉」と呼びます。また1993年世界遺産登録されその面積は島全体の約21%です。 その理由は「自然遺産としての屋久島の価値は多くの人たちが暮らしていながらすぐれた自然が残っていること」「ひときわすぐれた自然美および美的な重要性を持つ最高の自然現象または地域」「陸上・淡水・沿岸および海洋生態系と胴植物群集の進化と発達において進行しつつある生態学的生物学的なプロセスを示す。」とあります。 その中で生態系の観点から本土の杉ではなく、屋久島由来の杉の植林が進められた結果30~60年生の植林木があります。 これが「 屋久島地杉 YAKUSHIMAJISUGI 」です。 「 屋久杉 YAKUSUGI 」 の呼称と混同されないようご注意ください。