盛岡市 K様邸 解体完了

解体着工から数日は内部を手作業で解体していきます。石膏ボードや木材等の分別です。当時のミサワホームさまにての枠組工法です。
お子様の成長と共に増築されました。 その時には透湿防水シート・断熱と今に通じるところ感じましたが、やはり現在はさらに思考・技術等進行してます。サッシおさまり部分からの屋外からの浸水確認。参考になります。
ある程度内部分別終われば、重機が入ります。進行スピードはあがりますが、屋外も分別作業あります・
解体して更地にして頂きました。何十年ぶりでしょう。 土地も1回目の役目を終え浄化されているようにも思えます。
綺麗に解体して頂きました。ガレージ上の居室をうまくばらして頂き、また駐車場として基礎が再利用されます。古川重機様、ありがとうございました。