耐震 実践演習セミナー

朝、7時台の新幹線にて仙台に。

㈱M’s構造設計の佐藤 実 氏のセミナーを聞きたくて…。

仙台に着くや否や、朝から公共物乗りなれていない自分にハプニングあり。

バスにて開催地に向かう途中、ここかなというバスに並んだ。

沢山ひとが並んでるからここだと勝手に。

次第にバスに進むに連れて女子学生だけと気付いた。バスに乗ったら運転手がバックミラー越しに2度見したので、慌てて隣の女子学生に聞きました。

「このバス女子専用なんですか?」って。

隣の優しい女子学生は答えてくれました。「違いますよ」、「女子大学?が近くなので多いんですよと」。優しかったなぁ。よかった。

バスの運転手の真後ろに行き、此処に行きたいんですけどと変なおじさんじゃないアピールしながら教えていただきました。何とかたどり着いて。そこからは集中です。

構造設計、耐震?となると勝手にハードルが高くなりマニアックなひとだけが・・・と思っておりましたが、 自分に情報を教えて頂いたメーカーさんに感謝です。

話は面白く、わかりやすいです。欲しい情報がどんどん入ります。今までは何処に聞いたらいいんだろう?など。 何より私は、仕様規定(壁量計算・四分割法・N値計算など) の実践演習でき再確認させていただき嬉しく思ました。どんどん自分に吸収されます。・・・いやぁ~、今の自分にこんな話しが聞けるのはピンポイントで嬉しい限りですね。

弊社の考えにも反映させ、耐震等級の位値付けを見直したいと思いました。

話が面白いですよと聞いておりました。
ただ構造設計、耐震?となると勝手にハードルが高くなりマニアックなひとだけが・・・と思っておりましたが、
自分に欲しい情報がどんどん入ります。今までは何処に聞いたらいいんだろう?など。
また佐藤氏の拘りが素晴らしく同感させていただきました。
何より私は、初歩でもある仕様規定(壁量計算・四分割法・N値計算など)
の実践演習でき再確認させていただき嬉しく思ますした。
私耐震等級3を視野に近々会社の看板に掲げたいと思います。