ブロック・フェンス擁壁工事

既存ブロックと新設メッシュフェンス
既存擁壁。老朽化に伴い、倒壊の危険性から声がかかりました。高さ1500位あります。
当時の配筋量も不安要素です。
下から2段残し解体します。
砂利コンクリートを流し込み差し筋も入れなおし・・・
新たに新設ブロック1段つみます。
天端を揃え、その上にメッシュフェンスを建てました。
軽量化と境界線に。見通しがよく視覚効果が上がりました。